酎ハイ

水・ソフトドリンク
この記事は約1分で読めます。

販売価格 ¥1,380
ショップ名 にっぽん津々浦々
ジャンル その他

購入する

半世紀以上もの間、愛され続けるウイスキーハイボールの素。

ウイスキーハイボールの素・天羽乃梅 黄ラベル のおいしい飲み方 ウイスキーハイボールの素・天羽乃梅:1、ウイスキーに水1/3を加えたもの:2、炭酸(ガス圧の強いもの):3 で割り、レモンスライスを加えてお召し上がりください。

※開栓後は先にウイスキーハイボールの素:1に対し、ウイスキーに水1/3を加えたもの:2を混ぜ、混合液を作ることをお勧めします。

混合させておきますと、味もなじんでまろやかになり、アルコール成分の力で常温にて品質管理が行えます。

混合液を作らない場合には、密封して冷蔵庫に入れて保管してください。

甲類焼酎にもご使用いただけます。

■名称 清涼飲料水(き釈用) 無果汁 ■原材料名 砂糖、酸味料、香料、着色料(黄4、赤2、青1)、保存料(安息香酸Na) ■内容量 1.8L (1800ml) ■賞味期限 製造日より2年  ※実際にお届けする商品の賞味期間は、在庫状況により短くなりますので何卒ご了承ください。

■製造者 天羽飲料製造有限会社 元祖・焼酎ハイボールの素「天羽飲料製造」 戦後の復興も進んだ昭和20年代、ウイスキーのハイボールがブームになりましたが、まだ庶民には高嶺の花でした。

そこで、焼酎の炭酸割りに元祖焼酎ハイボールの素・天羽乃梅を加えたものが「元祖焼酎ハイボール」として登場。

これが「酎ハイ」や「ボール」という愛称で大ヒットとなりました。

昭和30年代には東京下町の酒場に行列ができるほどの人気の飲み物となり、現在に至るまで愛飲されています。

焼酎の炭酸割りが広く酎ハイと呼ばれるようになった背景には、天羽飲料の存在があったのです。

天羽飲料商品ラインナップはこちら。

販売価格 ¥2,420
ショップ名 にっぽん津々浦々
ジャンル その他

購入する

半世紀以上もの間、愛され続ける元祖焼酎ハイボールの素。

元祖焼酎ハイボールの素・天羽乃梅 赤ラベル のおいしい飲み方 あらかじめ「元祖焼酎ハイボールの素・天羽乃梅」:1、「甲類焼酎」:2 の割合で混合しておきます。

味もなじんでまろやかになり、アルコール成分の力で常温にて品質管理が行えます。

混合液、炭酸水とグラスは冷蔵庫で冷やしておきます。

召し上がる直前に、この混合液を「炭酸水」:3で割ります。

氷とレモンスライスを加えると、より一層おいしくお召し上がりいただけます。

■名称 清涼飲料水(き釈用) 無果汁 ■原材料名 砂糖、酸味料、香料、着色料(黄4、赤2、青1)、保存料(安息香酸Na) ■内容量 1.8L (1800ml)× 2本 ■賞味期限 製造日より2年  ※実際にお届けする商品の賞味期間は、在庫状況により短くなりますので何卒ご了承ください。

■製造者 天羽飲料製造有限会社 元祖・焼酎ハイボールの素「天羽飲料製造」 戦後の復興も進んだ昭和20年代、ウイスキーのハイボールがブームになりましたが、まだ庶民には高嶺の花でした。

そこで、焼酎の炭酸割りに元祖焼酎ハイボールの素・天羽乃梅を加えたものが「元祖焼酎ハイボール」として登場。

これが「酎ハイ」や「ボール」という愛称で大ヒットとなりました。

昭和30年代には東京下町の酒場に行列ができるほどの人気の飲み物となり、現在に至るまで愛飲されています。

焼酎の炭酸割りが広く酎ハイと呼ばれるようになった背景には、天羽飲料の存在があったのです。

天羽飲料商品ラインナップはこちら。

販売価格 ¥1,380
ショップ名 にっぽん津々浦々
ジャンル その他

購入する

半世紀以上もの間、愛され続ける元祖焼酎ハイボールの素。

元祖焼酎ハイボールの素・天羽乃梅 赤ラベル のおいしい飲み方 あらかじめ「元祖焼酎ハイボールの素・天羽乃梅」:1、「甲類焼酎」:2 の割合で混合しておきます。

味もなじんでまろやかになり、アルコール成分の力で常温にて品質管理が行えます。

混合液、炭酸水とグラスは冷蔵庫で冷やしておきます。

召し上がる直前に、この混合液を「炭酸水」:3で割ります。

氷とレモンスライスを加えると、より一層おいしくお召し上がりいただけます。

■名称 清涼飲料水(き釈用) 無果汁 ■原材料名 砂糖、酸味料、香料、着色料(黄4、赤2、青1)、保存料(安息香酸Na) ■内容量 1.8L (1800ml) ■賞味期限 製造日より2年  ※実際にお届けする商品の賞味期間は、在庫状況により短くなりますので何卒ご了承ください。

■製造者 天羽飲料製造有限会社 元祖・焼酎ハイボールの素「天羽飲料製造」 戦後の復興も進んだ昭和20年代、ウイスキーのハイボールがブームになりましたが、まだ庶民には高嶺の花でした。

そこで、焼酎の炭酸割りに元祖焼酎ハイボールの素・天羽乃梅を加えたものが「元祖焼酎ハイボール」として登場。

これが「酎ハイ」や「ボール」という愛称で大ヒットとなりました。

昭和30年代には東京下町の酒場に行列ができるほどの人気の飲み物となり、現在に至るまで愛飲されています。

焼酎の炭酸割りが広く酎ハイと呼ばれるようになった背景には、天羽飲料の存在があったのです。

天羽飲料商品ラインナップはこちら。


   

コメント

タイトルとURLをコピーしました